2009年12月31日

Field Trip 北インド♪

12月1日〜7日まで北インドへ先生方とField Tripに行ってきました晴れ

インドの首都であるデリーまで、なんと電車で30時間かかりました電車

00.jpg

これが私たちの乗った電車の様子でするんるん

00.jpg

00.jpg

0.jpg

00.jpg

電車の中では近くの席になった人たちと仲良くなりましたぴかぴか(新しい)

そのおかげで、長い電車の旅もあっという間に過ぎました!

驚いたことは、足元をネズミが走っていたことと、ゴミはすべて窓から投げ捨てることがインド人の習慣だったということですあせあせ(飛び散る汗)

00.jpg

食事は、電車の中でもカレーでした!

2日目にデリーに到着して、私たちが最初に見たものは何と野生のゴリラ(?)でしたどんっ(衝撃)

30.jpg

ゴアではあまり見かけませんが、デリーには頭にターバンを巻いた人たちをよく見かけました。
インド人=ターバンというイメージがありましたが、ターバンを巻いているのはシク教の人たちなのだそうです。


3日目はJNUという大学に訪問し、日本について勉強している学生たちと交流しました。

00.jpg

中には日本に来たことのある学生もいて、日本はとてもきれいな国だということを言っていましたかわいい

短い時間でしたが、充実した時間を過ごすことが出来ました。

その次に、世界遺産であるクトゥブ・ミナールへ行きました。

これは、奴隷王朝のスルタン、アイバクが建てたものです。

00.jpg00.jpg

00.jpg

この日、へナという、インドの女性が結婚するときに手に描くタトゥーのようなものに挑戦しましたぴかぴか(新しい)

最近では、これは若いインド人女性の間でもおしゃれとして親しまれていますリボン

00.jpg

へナの職人さんが、チューブ状のペンで猛スピードで手にそれぞれ違う絵を描いてくれました。

00.jpg

これが1時間たつと乾き、それをはがすと完成ですぴかぴか(新しい)

00.jpg

4日目は、まずインド門に行きました。
インド門は第一次世界大戦で戦死したインド兵士の慰霊碑です。
壁面には戦没者1万3500人の名前が刻まれています。

00.jpg

次はガンディー記念博物館に行き、実際に使われていた家具や写真の展示を見ました。

次にレッドフォートに行きました。
これは、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが造営した要塞です。
名前の通り、赤い砂岩で築かれていましたひらめき

00.jpg

とても大きく立派な要塞で、ムガル帝国の壮大さを感じましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

次にインドの父と呼ばれるマハートマー・ガンディーのお墓を訪れました。

そして、次にバハーイー・ハウス・オブ・ワーシップというバハーイー教の寺院に行きました。
またの名をロータス・テンプルといい、白大理石で造られた巨大なハスの花の形をしていました。

00.jpg

写真の通り形はユニークでしたが、寺院の中はとても静かで神聖な雰囲気でした。

この日の最後にマーケットに買い物に行きました。

00.jpg

マーケットではアクセサリー、衣服、土産物など、たくさんのお店が並んでいましたひらめき

00.jpg

インドの大体のお店では商品を値切ることが出来るので、なんとこのサリーは半額以下の値段で買うことが出来たみたいでするんるん

5日目は早朝からバスに乗り、6時間かけてアグラへ向かいました。
この日は、私たちがこのFieldTripの中で1番楽しみにしていた日でしたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

000.jpg

目的地に着いてまず最初に私たちを迎えてくれたのは泡をふいたラクダでしたどんっ(衝撃)

0.jpg

そしていよいよこの門をくぐると・・・・

00.jpg

目の前にはタージ・マハルが!!

世界遺産で有名であるタージ・マハルを見ることができてとても感動し
て、すごい!!と言うことしかできませんでしたダッシュ(走り出すさま)

タージ・マハルは、シャー・ジャハーンが熱愛した妃ムムターズ・マハルのお墓です。ムムターズ・マハルの死を悲しんだシャー・ジャハーンがこのタージ・マハルを建設しその愛を表現しようとしたそうです。

なんとたったの22年でこのような素晴らしい建物が建ったことには驚きました!

00.jpg

00.jpg

タージ・マハルの対岸にはシャー・ジャハーンが自らのお墓にしようとしたブラック・タージ・マハルが建設される予定でしたが、それは幻に終わり、今はタージ・マハルの中に2人とも眠っています。

次にシャージャハーンが幽閉されていたアグラ城に行きました。

00.jpg

00.jpg

アグラ城からはタージ・マハルが見えました。

00.jpg

シャー・ジャハーンは、ムムターズに思いをはせながら、ここで死を迎えたそうです。

それまでは、教科書の中でしか知らなかった歴史を実際に目で見て感じることが出来て、また、インドの建築技術に驚きましたぴかぴか(新しい)

この旅では、右手だけを使うというインド人の伝統的食べ方に挑戦しました。
右手だけしか使えないことにはとても苦労しましたが、先生はとても器用に食べていました手(パー)

00.jpg

ホテルでは、インドの伝統的な朝食であるプリバジを食べました。

00.jpg

プリバジは野菜のカレーにプリという薄い揚げたパンのようなものをつけて食べます。

6日目は、デリーからゴアまで電車で帰りました電車

20.jpg

電車からの景色は、菜の花畑が延々と続いていましたかわいい

21.jpg

これは電車から見ることが出来た夕日ですぴかぴか(新しい)

00.jpg

帰りの電車の中でも、ガンジス川で生まれたヨガの先生や、とても可愛いおばあさんと出会い、素敵な時間を過ごすことができました!
プライスレスぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

このField Tripでは、楽しかった反面、物乞いやストリートチルドレンなどを多く見かけ、とても考えさせられる旅となりました。

00.jpg


00.jpg

00.jpg

そして、ゴアはキリスト教の割合がとても高いので、クリスマス付近は街にサンタさんがいたり、店の飾り付けがクリスマスモードになっていましたクリスマス

00.jpg

クリスマスのパナジ教会のイルミネーションはとてもきれいでしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

00.jpg


そしてもう今日は大みそかです!!雪

しかしインドも冬ですが私たちのいるゴアはとても暑いので、大みそかの気分が全くしません!!!

私たちは毎日半そでにビーサンでいるのですが、インド人はなぜか長そでを着ていますあせあせ(飛び散る汗)

こんな時期ですが、この前は皆で海に泳ぎに行きました!

00.jpg

海はきれいですが、野良犬や野良牛もいて最初は不思議な感じがしました犬


インドでの生活ももう2カ月をきってしまいました三日月

これからも毎日を大切に過ごしたいと思います!


それでは、よいお年を手(パー)ぴかぴか(新しい)


松本・饗場

posted by 日大国際留学生 at 04:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

インドといえば...


ヨガが有名だと思います猫


インドに留学するというと、ヨガの留学?!と聞かれたこともありましたダッシュ(走り出すさま)

そうではないけれど、ヨガのレッスンもとても楽しみにしていましたるんるん


11月の後半から16日間のヨガレッスンがあり、朝7時からの1時間、ゲストハウスでヨガを習いましたかわいい

基本の呼吸法や、木のポーズを習ったり、体をひねったり筋を伸ばしたり、

走ったり跳んだり色々なゲームもやりましたひらめき


000000000.jpg

これは木のポーズですかわいい

なかなかバランスがとれなくて、ぐらぐら揺れてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

ぐらぐらする人は、ケンケンの練習をすると良いそうですグッド(上向き矢印)


起きてすぐヨガだったので、体も頭も半分くらい寝ている状態でした眠い(睡眠)

先生はよく、

「Don't sleep!」

と怒ってました時計


しかし、朝は魂が高いポジションにあるので、ヨガは早朝に行うのが良いのだそうです晴れ


00000000.jpg


00000000000.jpg


今日でレッスンは終わってしまいましたが、インドで本場のヨガ体験をすることが出来て良かったですぴかぴか(新しい)


帰国したらお母さんにヨガを教えてあげたいと思いまするんるん

posted by 日大国際留学生 at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。